糖質に注意!キレやすい子が多いのはなぜ?!

 

 
こんにちはぁ☆
本日は、不動産の勉強会で、麹町まで行ってきますた☆
 
お昼は、麹町カフェという、オーガニック食材にこだわった人気のカフェで☆

 
このカップにかけられるスプーン欲しいなぁ☆
 
前回ご紹介した、宇津木式スキンケアは、肌の状態が絶好調♪
私には合っているかなと思っています☆
また、効果を綴っていきますね。。
 
さて、今日は、「糖質」について書いてみようと思います☆
 
先日、GI値について書いてみましたが、
(こちら→GI値を意識しよう♪
今日は、糖質が、精神に及ぼす影響について、書いてみますね☆
 
前回のブログで、血糖値の上下は、
イライラや不安感など、
うつ症状を助長すると軽く触れました☆
 
ちなみにこれは、「低血糖症」というものです☆
 
低血糖症は、血糖値が低いのが問題なのではなくて、
血糖値が急激に上下していて、安定していない状態のことです☆
 
糖質の高い食べ物を摂取すると、
血糖値は、ぐぅーんと一気に上がります☆
 
GI値が高ければ高いほど、この上がり方は急になり、
体がこれはやばいと思い、急激に上がった血糖値を下げようと、
インスリンを大量に分泌し始めます☆
 
そうすると、血糖値が下がりすぎてしまい、
今度は、血糖値を戻そうと、様々なホルモンが分泌されます☆
 
ちなみに、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけですが、
上げるホルモンは、いろいろあり、
ここで、アドレナリンや、ノルアドレナリンなどの
「興奮系」のホルモンが、が大量に分泌されてしまうと、
イライラ、不安感が引き起こされます☆
 
ちょっと難しいメカニズムを書いてみましたが、
要するに、「糖質」を摂取すると、
体内で、何かが上がったり下がったりして、
非常に不安定な状態に陥ってしまうわけなのです☆
 
前回も書きましたが、
 
糖質=砂糖ではありません!!
 
糖質とは、栄養素の一つで、
意外かもしれませんが、
白米、うどん、食パン、小麦粉など、
精製された食品に多く含まれています☆
 
現代、キレやすい子や、凶悪犯罪が多い理由も、
「糖質」ばかりの食生活が原因ではないかと言われています☆
 
イライラ、不安、情緒不安定を感じる方で、
昼ご飯を菓子パンだけとか、
夕飯は、うどんだけと言う方はいませんか?!
 
忙しいとどうしてもそうなってしまいますが。。
 
こういった症状を医者に訴えても、
「うつ病」と診断され、
抗うつ剤を処方されて終わりというのが現状なのだそうです。。。
 
ですので、そういった方は、まずは、少しの間だけでも、
GI値を意識した食事をしてみて、
気持ちの変化を確認してみるといいかもしれません☆
 
ちなみに、下記は、ある小学校の実際の給食だそうですよ☆
 
「ジャージャー麺、フライドポテト、サイダーポンチ、牛乳」
 
糖質全開や~~~~ん。。
 
今、「食育」という言葉がありますが、
まさに、食事は人を作り、育てるものだと思います☆
 
お子様もそうなのですが、
大人も栄養面をきちんとマネージメントしていきましょー♪
 
もちろん、補助食品として、
サプリメントを摂取するのもよいかもしれません☆
 
あくまでも、補助として。。。ねっ♪
 
そして、糖質は、依存性も高いため、
脳がその「快感」を知ってしまうと、
なかなか止められないというのがあります☆
 
さらに「脳」は、「快感」を知ってしまうと、
体にいい、悪いを判断できませんから、
負けないようにがんばりましょー!!
 
それでは、おやすみなさぁ~い☆
 
 
Thank you for visiting my blog☆
Please click below for ranking!!!
今日の記事を少しでも楽しんでもらえたら、クリックしていただけるとうれしいです☆
→→ブログランキング・にほんブログ村へ←←

No comments:

Post a Comment

Comments

Popular Posts